離婚の経緯

2013年2月14日に私は離婚届を提出しました。

当時元旦那は29歳、私は27歳、娘は5歳、息子は2歳でした。

シングルマザーになるに至った経緯としまして、元旦那さんがとても自分勝手でした。

私が具合悪くて早く帰ってきてほしい時には仕事終わって帰ってくるのが23時前後。

具合悪くても子供たちにご飯の支度と食べさせて、熱があってもお風呂に入れ、歯磨きをさせ、寝かしつけていました。

それでも頑張って家族の為に働いてくれてるからと我慢を5年続けました。

土日になれば朝早くに釣りに行き、帰ってきても寝ていました。

仕事が遅くなっても誰かとご飯行くと言って一旦帰ってきてもまた出かけてしまう始末で、早く帰ってきたとしても趣味でバンドをやっていたので、バンドの練習や打ち合わせと言って出かけてしまっていました。

そんな中、2012年12月の年末、私はインフルエンザにかかりました。

しかし、病院にも連れて行ってもらえず、ご飯もくれず、子供たちを見てくれない事にさすがに堪忍袋の緒が切れたのです。

元旦那の目の前で実母に電話し、病院に連れて行ってもらいました。

ご飯も母に頼んで、コンビニでお(ぎりをかってもらいました。

年末年始を一人で過ごし、年が明けた吉日に、かねてから建築していたマイホームが完成し、引き渡しになったのにも関わらず、「お前の顔色を伺いながらの生活はもういやだ。

離婚してくれ」と言われました。

なぜ私が離婚し、シングルマザーになったかと言うと、「日々の積み重ねと熱が出てもインフルエンザになっても子供たちを見てくれない元旦那に嫌気が差した」と言う事です。

これなら一人で育てていった方がストレスは軽減されると思ったからです。

実際離婚してからは、力仕事で大変な事ももちろんあります。

ですが、毎日子供たちが家事を手伝ってくれるようになり、ストレスが減りました。

兄弟喧嘩はあるものの、仲良く遊んでいる二人をみると、「この子たちは私をママとして選んでくれたのなら私はこの子たちの笑顔を守らなければ」と思うようになり、子供たちが離婚前よりもかなりの原動力になっています。

「離婚してよかった」と思うことがありますが、身体的に辛い事も確かです。

そして今は子供たちと3人で暮らしています。

実家にいた時よりもやはり大変で毎日が大戦争で、仕事から帰ってきてからは私は夕飯の支度、娘は洗濯物をたたむ、息子はお風呂掃除と分担して家事を行います。

これは、アパートに引っ越す際のお約束でした。

「今度は大人がママ一人になるから、二人が手伝ってくれないとまたばあばの家に戻る事になるからお手伝いしてね。

」と約束しました。

その約束を二人は守り、毎日手伝ってくれます。

経済的にはカツカツですが、何とかやれています。離婚する前にやっておいて良かったことと言えば、クレジットカードを作ったことです。

ここのサイトなどをみるとわかりますが、低所得のシングルマザーはクレジットカードを作るのが難しいので、結婚しているうちに作っておいたほうがいいです。限度額が大きいアメックスとかにしておけばいざとなったときも安心です。

最後に離婚して子供たちにはお父さんがいない事による寂しさを感じさせてしまっていると思っています。

ですが、母も妹もそして父も子育てに協力してくれています。

父が子供たちの父親代わりみたいな感じになっているからか、二人共とても楽しく過ごしています。

辛い事も多々あり、凹む事も多いですが、私はこれからも子供たちの笑顔を守り、親子3人で協力していきたいと思っています。

二人は私の宝です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です