2年前にシングルマザーになりました。

現在8歳の女の子を育てている30代前半のシングルマザーです。

私が元夫と2年前に離婚した直接の原因は彼の度重なる浮気と、全く家庭を顧みないダメ男ぶりに我慢の限界が来たことです。

結婚する前から何度か浮気疑惑はあったのですが、彼を信じたいという想いと、さすがに結婚して子供が生まれたらさすがに落ち着くだろうと期待していたのですが、現実は違いました。

結婚後いくら私が浮気を疑っても毎回うまいこと言い逃れをされ、はぐらかされるのを繰り返していたのですが、このままでは子供のためにもならないと思い興信所を使い、決定的な証拠を突きつけて離婚しました。

ちょうど子供が小学校に上がる前だったので、タイミングとしてはベストだったんじゃないかなと思っています。

もし小学校に入ってからの離婚だと、途中で苗字が変わるのは周りからも色々詮索され、娘ももっとつらい思いをしただろうなと思うし、それを考えるとずるずるとあのままストレスフルな結婚生活を我慢しながら続けていたかもしれませんん。

元夫から毎月養育費はいくらかもらっていますが、それでもやはり経済的には基本的に私がしっかり働かなくてはという思いがあるので、プレッシャーもあり生活は以前に比べるとかなりハードになりました。

でも自分自身で決めたことなので、娘のためにも頑張るしかないなと思っています。

有り難いことに、私たちの暮らしている市では「ひとり親支援」というものがあり、毎月4万2千円を子供の扶養手当としていただいていて、それは本当に助かっています。

娘は私たちが離婚前する前は夫婦間のあまり良くない感情を敏感に読み取り、いつも私たちの顔色を窺うような目や表情をしていましたが、離婚して私と二人だけになると娘の表情や言動が良い意味で変わりました。

小さいながらも今まで相当私たちに気を遣ってきたんだろうなと申し訳ない気持ちになりましたが、それと同時にやはりこの娘の変化を見て離婚に踏み切って良かったなと改めて実感しています。

小学校のお友達にはわざわざ自分からは話さないけど、特に増せている女の子たちの中には我が家の離婚のことに気づいている子も多く、ダイレクトに「○○ちゃんはお父さんがいないの?」聞いてくる子もいるそうです。

そんな時、娘にとって父親は父親なので「お父さんはいるけど、一緒に暮らしていないだけ。

」と娘なりの言葉で説明しているようです。

これからもきっとひとり親だということで辛い思いや悲しい思いをさせることがあるかもしれないけど、出来るだけそれらを感じさせないように出来る限りのケアをしていきたいなと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です